2016.04.24 スポーツスターミーティング&箱根ターンパイク

初めていらした低身長での
バイクでお悩みの方はこちらからどうぞ!


H28.5/25 GODDAM!!ふくろうもふもふツーリング
参加ご希望の方はこちらをお読みください♪


★・・・・・・★・・・・・・★


どうも おこんにちは(*´∀`*)Caymでございます。
では先日の続きで御座います!!GOGO!!


★・・・・・・★・・・・・・★


さてさて。GSで補充も済んだので、ここから先はしばらくの間、
箱根ターンパイク方面に向かって移動することにします。
ももさんがエンジンかけようとして煙出ててビビったら
結構普通の事らしい。エンジン掛かった瞬間の爆音に相変わらずビビる(;´・ω・)


箱根ターンパイク。
こんなところにあるんだなぁ(=゚ω゚)っていうか今ドコ…な気分。
ももさんにくっついて停車。その横に奥様が停車(*´∀`*)
ふぉー★ いい写真取れそうっ!!
っていうわけでパシャリ💕


まぁそこにお並びなさいと ももさんに言われて二人して(・∀・)v ピース
何気にこの写真超お気に入りです。


以前、箱根ツーでにゃわさんがルートを出して下さったときに盛り込まれていた
箱根ターンパイク。いつか行って見たいと思っていたけれど
もも夫妻と来ることが出来ました。
折角ルート作って頂いたのに、あの時は本当に悲しかったですが
違う形ですがあこがれていた場所の一つに来ることが出来て嬉しかったです。


「車が来ないうちにいくぞ」


ということで出発です!!


少しの間、坂を上って…へぇ、箱根ターンパイクってこんなところなんだ(*´∀`*)



もっとコーナーがきつい場所ばかりだと思っていたので
なんか思ったより走りやすくて嬉しい(*´∀`*)広いね、道路広い♪


未だにまだ走り方が分からなくて、この時は減速して曲がってはいましたが…
とりあえずアクセルオフでスピード落として曲がってました。


フロントブレーキ使うのがまだ怖かったんですよね。別に曲がれてたからいいけど。


ラインを見ようとしてもも先生を追っかけたのは良くなかったと思います。
追い付けるわけないから( ´_ゝ`)
気付いたらすぐ豆粒ですよ( ´_ゝ`)

よく考えたら奥様の後ろにくっついて走る方がラインは勉強出来たな…豆粒め…



途中でバイクで 少し開けたところで止まったんですが砂利なので曲がるのが怖くて
仕方なく取り回し(笑) 正直情けないけど怖いからしょうがない(´;ω;`)


こういうのも少しずつ出来るようになっていきたいです。

目標はどんどん増えていくなぁ。1回コケってカウル割ったらマジで替えがないですからね…
いまのカラーリング、気に入ってるんですよ(´・ω・`)


写真を撮影するCaymさん+それを眺める奥様


なんて綺麗(*´∀`*)向こうに湖が見える

一人でこーふんしてました(笑)


向こう側は、霧があってあまり見えません。

天候自体は悪いけど、所々路面がウェットなだけで 走るのには悪くないです。



ここでももさんが動画を撮ってくれるということで
先に走って待ってくれるそうで。


少し様子を見て、OKが出てから走りに出ます。うーん、車が来たから見送ってから…
この動画、出そうと思ったらももさんのナンバーが写っちゃってて
ちょっと動画出しづらい(笑)
気が向いたら出します(*´∀`*)動画編集苦手なの。



さて。ここで事件は起こった。
ももさんが撮影しているということは わたしが一番先になるわけです。
どこに行くか聞いていなかった私。
この先はずっとまだまだ道が続くもんだと思ってました。


どうせすぐ追い付いてくるだろうしと思ってガンガン走ると
なんか建物が(=゚ω゚)…ん、なんだ 道が左と右に分かれてる…。
後ろを振り向いて奥様にお伺いをたてます。


「どっちいくんでしょうね?💦」
「聞いてないから分からないね~💦」


少し待ったらももさんが後ろについたので
どっちですかー?と大声で聞いてみると、ももさん左を指さします。


(=゚ω゚)左か。先導しないのかな?じゃ 行っちゃおう


と、交差点前から移動し始めます。
ヒョイーっと移動すると結構スゴイ道。
(=゚ω゚)あれ、いいのかなと思いながらも走っていくんですが
後ろから
「みっ」って音が。
ミラーで見てみると ももさんが後ろに居る。
スピードを少し落としてみたけど前に出るわけでもない。
ジェスチャーするわけでもない。何を言いたいのか分からない。
そう思っている間にほどほどのスピードの為 次のコーナーが。


「何が言いたいのーー???💦」


と混乱しながら慌てながらコーナーに入ったら
まぁそりゃオーバースピードもします。ということで
どこかでももさんが前に入って停まってくれたんだったかな?
正直この時混乱してて覚えてないです。
停まるところを探そうとももさんがスピードあげたら わたしも遠慮なくスピード上げて
ももさんが焦ったとか言ってたかな??


とりあえずなんとか途中で停まれるところを見つけて停車。


話を聞くと どうやら
「スカイラウンジに入ろう」だったらしく…。


もう交差点の所で停まっていた状態での左指さしだったので
てっきり進むものだという頭があったので こりゃーやっちゃったなーと思って
とりあえずスカイラウンジまで戻ります。


付いた先で奥様がプンスコ。


「あんなんじゃわからないよ!
 Caymちゃんが分からなくて進んで当然です!!(# ゚Д゚)」


それを眺めていたら わたしの代わりに怒ってくれてるのかなーと思ったら
(*´∀`*)優しいなぁ 奥様だいすきだなぁ♥と。
ももさんに説教するその横で私は爆笑してたんですが、
なんかすごく嬉しかったんですよね(*´∀`*)へへへ💕
他にも
自販機に行くーと 一緒に連れて行ってくれて、腕組んで歩いて
お水買ってくれたりして なんかすごく優しいお姉さんで大好きすぎます(*´∀`*)
奥様は
「お母さん許しませんっ!」とか言うんですが
わたしからすると まだお若いのでお姉さんです。
Sumireさんも お母さんというよりはお姉さん(=゚ω゚)


でも、ちょっと先走って暴走しちゃった感は否めないので
なるべくちゃんと確認しないとだめですね。気を付けます。



そんなわけで スカイラウンジでコーヒーを♪


そこで ブログの事やツーリングの事を話してました。

色々気になってた事を聞いてみたりしていました。


「あっ そういえばブーツ頂いて有難うございました!
 お陰様で足がね、着くようになったんです!」
「いいじゃん。これで大型免許もいけるね」
「( ゚Д゚)が、頑張ります。でも本気で今年取りに行きますよ!」
「うんうん、頑張りな^^」


と、奥様も応援して下さいます。
頂いたデグナーさんのファイアサイドゴアブーツは本気で重宝しておりまして、
これにナップスで購入したインソールで本気でスゴイ背丈が上がってます。
ZZRを運転するのがラクになったのは事実。
大型免許を取る時に有るといいだろうと、いい値段の物を譲って下さったので
これは本気で今年中に大型取りに行きます。


それと、もも夫妻には本気で感謝してます。
わたしからすると まるで神様のようです。
ももさんは メンテナンスも技術もバイク全般を色々面倒臭がらずに教えて下さる。
奥様は 女性目線で話してくれて、装備の相談にも乗って下さる。
わたしが今、あの子に乗れているのはきっと夫妻のお陰です。
その代り、わたしは同じように誰かに返していきたいなと。
助けてもらった分、誰かを助けたいと思ってます。
まだ初心者だしおんぶにだっこの状態だけど

自分の目線だからこそ出来る事はあるはず。


…っていうのを 改めて実感しました。
わたしは幸せ者だなぁ…。


★・・・・・・★・・・・・・★


少し休憩したあとに また外に出ます。
ここで新しいブーツで跨らせてほしいと奥様におねだり。
奥様の883に跨らせて頂いて、両足が付くようになったのを確認しました!!
あとは…取り回し。
ももさんに後ろを軽く持って貰って少しだけ取り回しをさせて貰います。
、これなら全然余裕だ。動かせる。
ZZRとは少し感覚が違うけど、これなら自分で面倒見れそうだ。


というわけで いつか本気でスポーツスターに乗りたいと思います。
自分で面倒が見れる範囲でないと乗れないわたしにとってこれは死活問題なので…。
出来るって言うのが分かればもうこっちのもんじゃい。


さて、ではここから本格的に帰路につきます。
御殿場ICを目指してトコトコなんですが 

箱根裏街道→乙女道路の方が道は凄かったなー。

お陰様で フロントブレーキでの減速はチャレンジできました。

なんとなく走り方が分かったのもこの辺り。
最後になってようやくコレか!!というカンジです。
どちらにせよ圧倒的に経験値が足りていないので
まだまだ 経験は積まなくてはいけないようです。頑張ります。



路面は相変わらずウェットだけど、悪くはないです。

道に迷ったりしたけど、なんとか御殿場ICまで到着!!

ETCレーンをぶーんと行きます。

動画を見直してたんですが、わたしは2回以上は必ず合流で確認するようです。
結構前の内に1度。車の流れを見て 車が居るかどうか。並走してるかどうか。
合流ポイント付近で再度チェック。並走してるかどうかと
後ろに居るかどうか。確認して早々に入っちゃいます。


その後はももさんのバイクの後ろについて走ります。
どうやら奥様は手がちべたくて 速度が出せなかった模様です。あと怖いって。
わたしは高速ダイスキ人間なんで気にせず走れますね(=゚ω゚)
怖い思いはいっぱいしたけど その分学ぶことも多かったので
今普通に走れてるのかな(=゚ω゚)風が出てても 思ったより気にせず走れてます。
恐怖心が無くなったわけではなく、判断材料が整ったというのが正しいですね。


しばらく走って、事前に打ち合わせしていたPAに行きます。
奥様ちょっとへろへろ。頑張れ頑張れ、あとちょっとですよ!!

遂に到着!!
バイクがたくさんいるので 端に停めさせて頂きます。

そしてトイレ休憩をして、一息つきます。

奥様は寒かったそうなので 雨具をさらに着こみます(*´∀`*)これで随分変わりますね!
ここから先、暫くは渋滞しているそうです。渋滞か、大変だなぁ(´・ω・`)


改めて、ここで流れ解散になるので また遊んで下さいねと声をかけて…
携帯を構えてたので奥様のお名前を呼んでパシャリしてもらいました♪


寂しいけど、今日はここでお別れです。



じゃ、バイクにまたがるかというところで


「お姉さん、これお姉さんのバイク?」
「(=゚ω゚)??そうですよー!!」


急に声を掛けて来たお姉さんがいました。


「すごいね、わたしより背が…アレなのにさ」
「アレwww」


思わず笑っちゃいました(笑)いやいやわかりますよ
背が低いということですね!!!


「わたしもVTR持ってるんだけど怖くて乗れなくてさ。
 お姉さんは問題ないの?」

「(=゚ω゚)問題ナイナイ。すべては慣れですよ!!」
「そっか、出る準備してるところごめんね!」
「いえ とんでもない(*´∀`*)」


エンジンをかけて跨って…


「お姉さん、イケてるよー♪」
「わ、ありがとうございますー!!じゃあまた!」
「気を付けて~」


ということで出発です。
知らないお姉さんに話しかけられるのも慣れてきましたね!
(*´∀`*)ふふふ 背が小さくても一応乗れてますよ!!
まだまだ足りてないですけどね!!

バイクってすごいですね。乗ってるだけで本当に話しかけられたり
不思議な乗り物だなぁ。すごい、いいものだなぁ…(*´3`*)💕


さて。走り始めてから少しして渋滞が始まります。
よく考えたらこんなに渋滞に巻き込まれるのは初めてだったり。
ももさんが車の隙間をひゅーっと通っていきます。


なるほど、高速道路のすり抜けってこういうものなんだな。
ももさんの後ろについてするーっと抜けていきます。
走って、隣の車線からウインカー出して移動しようとしたりする車もいるし
こりゃあ…怖いもんだ。そう思いながら慎重に。
無理はしないでゆっくり進みます。
確かにこれならバイクの音は大きい方がいいですね。


ある程度したらもも夫妻とはお別れです。
軽く手を振ってお別れしたあとは 少しずつすり抜けながら通ります。


「あ、さっきすり抜けていったバイクのお兄さんだ」


実はキャリアを付けたバイクのお兄さんが少しの間ももさんの前に居たんです。
それを見てたCaymさん。
こっそりお兄さんの後ろにつきます。


「お兄さん、勉強させて頂きますっ!!」


ということで 混んでいるピークの所までは後ろにくっついて走らせて貰いました。
だってまだちょっと怖いし。
お兄さんは後ろから見ると、とても慎重に、丁寧に進んでおられました。
この人の後ろなら安全と判断。
(他の人はかっとばしてて、危ないと思ったの(´・ω・`))
何度か車線変更の車が居たけれど、お兄さんの後ろだったから
問題無くすすむことができました。ありがとうございます(*´∀`*)
あんな風に車線変更が来るんだな、危ないなーと思いながら走れたので
いい勉強になったと思います。
お兄さんは横浜町田付近ですり抜けを辞めておられました。


「そろそろ降りるのかな?お兄さんありがとうございました(*´∀`*)」


と心でお礼を言って もう少し私はすり抜け。
トンネルを過ぎたら渋滞が終わったのでそのまま横浜青葉でおりました。


このまま問題無く自宅まで帰宅!!
スポーツスターミーティングからのターンパイク!!
すっごく楽しかったです!!
箱根裏街道→乙女道路は結構ぐねぐねで面白かったです。
またお出かけの約束やらなにやらたくさん取り付けて
改めて楽しみが増えた1日でした(*´∀`*)ももさん、奥様、ありがとうございました!
また遊びに連れて行って下さいねー!!


おしまい♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。