【自動二輪検定】


こんにちは。Caymです。
ちょっと報告遅れてしまいましたね。


大丈夫です。ご安心ください皆さん!!
ちゃんと落ちてきましたから!!


というわけで、8月14日の検定の様子をご案内いたします。
ま、落ちてますんで 気楽に読んでくださいませ(笑)


★・・・・・・★・・・・・・★

まず11:00から注意事項の確認がありました。
検定についての指導を受けて、用紙を確認すると
わたしが先発のようなので とりあえず多少緊張しながらも
バイクのあるところへ移動しました。



一番目に乗車です。
女性用ヘルメットのSサイズがなくて困りました。
男性用ヘルメットSをお借りしました。…サイズ同じなんですかね…。


「何かありますか?」
「ニーガードがゆるゆるなんですけど…」
「締めて調節したらいいよ!」
「(´・ω・`) これ以上締められないんですよー」
「じゃ、我慢して♪」
なんだってー!!(;・∀・)


というわけで、準備ができたので乗車。
まずはクランクから進入していきますよ!


クランクは少し速度が早いかな?とは思いましたが問題なく通過できました。
ハンドル操作をあまりしないという自分なりのコツ(笑)
進入するときに右に向けたまま固定して小回りで右折。ストレートで切り替えして
左折で抜けると。左折で転んだことなかったなー。
ちゃんとクランク内でウインカーも出せてるしOKOK。



次はスラローム。
侵入経路が悪く、少し調子が悪いような気がしたので
アクセルをふかさずにゆっくり通過。
8秒以上かけてゆっくり。ちょっと8.2くらいのタイムが出ましたが、
検定員のストップウォッチでは特に8秒超えてなかったみたいです。
ただ、このあと交差点前に出たら急に信号が黄色になって、多少慌てて止まったら余裕で停止線越えた(笑)
あーこりゃいかんやつですわーってなりましたね(笑)
ただ、後々お友達と話したら
「そのまま進んでたら検定中止だったと思うよ。
 危険を予防したってことで、判断されたんじゃない?」
って言われました。そうかもー。


踏み切り。
普通に通過できました。問題ないかな?
ちょっとカンカン言ってたので 目安としてやりやすかったです。
ただしこのあたり、普通にこなしたせいか全然覚えてないですね。確か話しかけられたのでそれに気をとられて確認したかしてないか覚えてないんだと思います(笑)


一本橋。
問題なく7秒以上。
最初からかなりハンドルを小刻みに振ったお陰でふらつきも怪しいところもなし。
いやー余裕ですよヾ(゚∀゚)ノももさんありがとう!!
わたしが一本橋を急にできるようになったのは ハンドルを小刻みに振るというスキルを覚えたためです。これマジで。
これから免許の取得を目指している方や、免許取得中!の方で一本橋に挑戦する方は是非お試しください。本当に小刻みでいいんですよ。
折角なのでこの現象に「モモハン」と付けました。モモハンしようぜ!!
…いや、本気にしちゃだめですよ!!



S字も特に問題なし。
通過後の右ウインカー、ふくらみなし。…カナ?
下り坂もエンジンブレーキで降りて停止線までOK!


その後、坂道発進。
特に問題なく進めます。
いやーなんか成長しましたね!!成長しましたよ!!
坂道発進で方法を考え込んでる時間が少なくなりましたから
発進もホドホドで発進できるようになりましたし。えへへ。
本日は2コースなので、坂道発進後の交差点を左折。
その後すぐに右折して、障害物を回避するために車線変更。
そして車線を戻してから進みます。


急制動。
うーっとスピードを出して40キロ!
停止前にアクセル戻したら速度がえらい遅い。あれ??


「速度足りてないね。もう一回行きましょうか」
「はいっ」


ということは、今まで合格範囲だったということですね。
もう一度外周を回って急制動ッ!!
…あれ?40キロ出して停止も、
なんかかなり余裕のある停止でスピードがおかしい…
どちらにせよこの時点で検定終了…。


「Caymさん、3速にするの忘れてる…」
( ゚Д゚) まじだ!!(笑)」


と言うわけで、あっさり落ちました(笑)
あんまり緊張してなかったんですが、緊張してたんだろうなー(笑)
3速のことすっかり忘れてました!!やったーー!!


と言うわけで、落ちたのがわかってますが待ちぼうけです。


携帯電話で小説を読みながら待っていたら、検定員がきて個別に部屋に呼ばれます


「Caymさん」
「はぁい♪」
「いやぁ、残念ながら不合格です!」
でしょうね!!(笑)」
「おっ 元気がいいねぇ(笑)」
「いやー、緊張してたんでしょうかね、すっかり飛んでましたね。
 言われるまでわかりませんでしたよ。」

「あーそうなのー?」
「で、あとはT字路とか、左折が膨らみすぎてたね。
 左の小回りが悪いのにクランクは上手に出来てる。
 でも何故か左折が膨らむというミラクルが発生したね!!
 クランクが出来なくて膨らむなら分かるけど、
 なんで左折で膨らむのかわからないんだよねー」
「あっ、それやってる最中に気付いちゃいました。
 もっと手前に停まって、左折してもいいってことでしょうか?」

「そうそう、そういう感じ。」
「わかりました!善処します!」
「こんな感じかなー。急制動3速だったら合格してたなー」
「他には気になるところはありませんでしたか?」
「うん!とくには無かったかな!」
「そうですか。わかりました!」
「時間空いてるなら今日にでもキャンセル待ちか予約入れてもらって、また受けてね。」
「はい!今日にでも予約して帰ります!」
「うん、じゃあ頑張ってね!」
「勉強になりました!ありがとうございました!」


と言うことで、まさに突っ込みどころ満載の検定でございました(笑)
いや 凡ミスいいところでしょう(笑)
















というわけで
セカンドアタックいきます。



本日15日も検定行ってきました。
ある程度のところは端折りますが、今回は最後の乗車順です。
因みに4番目になります(・∀・)
昨日は1番で 今日は4番かー。
ぼーっとほかの人の検定を見ながら過ごします。
ただ、誰もいなくなると途端に緊張してきますね(笑)
結構気楽だったんですが 周りの人が緊張していると 自分はそうでもないんですが
一人になるとどきどきしてくる(笑)


ということで 一人で歌ってました。
歌を声に出して歌ってるとですね。呼吸がしっかりできるので
頭がすっきりしてくるのと緊張がほぐれてくるんですよね。
ある程度歌ってたところで ハっと気付く。


いけね、私の前の人、もうS字入ってる。
そろそろ行かないと(;・∀・)
(S字→坂道発進→急制動でおわり(笑))


下のところに行って、ヘルメットを装着!
グローブをはめてから軽く運動。
向こう側から前の人が急制動を開始したので 運動しながら見てたら…



"キューーーッ!!がっちょん"


あーーー…
急制動失敗して転倒しとる…(´・ω・`)
転倒は一発終了なんですよね。
あのキューって音はタイヤロックの音なのかぁ。
結構スピード出てたし、ちゃんと止まれるのか?って思ったら…。
前のお兄さんちょっと緊張しているみたいだったし…お気の毒です。
とりあえず、転倒を見てもわたしは一度もタイヤロックを経験したことがないのと
急制動で転倒したことがないので、あんまり不安にはならなかったです。


前の人が降りて行って、わたしの番になったのですが
検定員が用紙に記入をしているので静かに待ちます。
済んだらわたしも検定用紙をお渡しします。


「はい、いつでもいいですよ」
「よろしくお願いします!!」


と、Revo君をみてみると、停車位置むっちゃ近すぎて縁石に乗っちゃうし(笑)
一個前のお兄さん、酷い停め方するなぁ…。
というわけで、もう気にせずに(悪いの私じゃないし!)車体を立てます。
ハンドルを右に切って、後方確認、乗車。
ミラーをぐりぐり。さっき転倒したから ちょっとミラー激しい方向に行ってます。
キーをONにしてエンジンスタート。
右足をつくためにお尻を右へ移動。右足をついたらローギアへ。
また左足をつくためにお尻を左に移動して 足を接地。
右へウインカーを出して左、右後方確認をしてから発進ヾ(゚∀゚)ノ


ぐるーっとまわってクランクへ。
クランクは2速。進入時に誰もいないので、そのままハンドルを右に固定して
ぐるーっとまわります。ここでウインカーを右に出していたのを左へ。
そのままクランク後半左折。特に問題なくさらに左折して交差点へ。


次はスラロームに向かいます。
スラローム前までに2速にあげて走ってたんですが
ウインカーを左に出してからスラロームにしんny…



もしかしていま3速ではありませんか!!!?


いつもより速度が速くてびっくりしたんですが、
さすがにスラローム中にギアを変える勇気はありませんでした(笑)
アクセルさえ回さなければ まぁ通過出来そうだったのでそのまま通過です。
秒数何秒だったんでしょうか(笑)


するっとギアを落としてから停止。ウインカーを左に出してから…


"がっこがっこがっこがっこがっこがっこがっこがっこがっこがっこ"



(=゚ω゚)???
なんか検定員殿がギアをガコガコやっている…
とりあえず発進しちゃえ…ってまさか!!?


そうなんです。3速だったのでギアをローへ下ろしたつもりでも
全然落ちてなくて2速だったみたいなんです(´;ω;`)
検定員殿、アピールしてくださってたんですね!!!(ダメだろうけどやさしい!)
とりあえず すでに発進はしていてしまっていましたが、
発進時だけはかろうじて大丈夫だったので、
すぐ目の前の交差点に入る寸前の停止でローギアまで落とせました。
…検定員のがっこがっこがっこがなければ、どこかでエンストしてたかも…
エンスト=転倒=一発試験中止…おおおおお怖い!!!!


ヒヤヒヤしながら 交差点を青で左右確認、後方確認のち発進!
そのまま一時停止線の前で停止して、次は右折です。


「方向指示器だしましょうか」
「あら、失礼しました…(*´∀`*)」


どうやら忘れていたようです(笑)


そして少し進んだところに踏切があります。
踏切は今回は特にカンカン鳴りませんでした。


左みて、右みて、電車OK!!
左右後方確認をしてから発進!!
ここは右折します。目の前には交差点があるので、
交差点はそのまま青だったので進みます。
つき当たりを一時停止して、左折です。


ウインカーを忘れずに出して、左折は小回り。
ちゃんと左折では巻き込み確認もしなきゃですしね。
巻き込み確認はわたしはしつこいくらいにしてます。
ぐるっと回って次は一本橋。
ちゃんと一本橋に対してまっすぐに車体を置けましたし、いけるいける。


どうぞーの声がかかったので、発進確認(左右の後方確認)をしてから
アクセルを回してまずは勢いよく乗り上げる!!
ちょっとペース早いかなーと思いながらフットブレーキをきつく押す感じで
ハンドルブンブン!!モモハンでバッチリです。
ももハン(*´∀`*)


で、問題なく8秒以上かけたので そのままゆっくり停止して右ウインカー。
はい発進しまーす 次はS字。
S字までの道のりは本当にすぐなので早めに2速に上げておく。


小回りを意識して 巻き込み確認、ゆっくり進入してなめらかにS字をクリア。
出口は左折なので小回りを意識してからS字を出ます。
S字は苦労したことがないので、いまだによくわかりませんが
なめらかに動ければ特に困ったことはないのかなぁ。
クランクみたいに移動するとなると たぶん向いてないんでしょうね。
車体を倒していいものは本当にやりやすくて助かります。


坂道を2速で登る最中に、右後方確認、右ウインカー。
そして坂を上り切ったらローギアに落としてエンジンブレーキをかけつつ
停止線で停止します。ふふふ 慣れっこじゃい。


右ウインカーを出してぐるーっとまわって、反対車線の坂道で
坂道発進に入ります。右折で坂に進入しますが、右折時後方確認もしっかり。
さて。
ちゃんと停車位置で停車できたので、リアブレーキをしっかり踏みます。
お尻の方が沈んだらフロントブレーキを離す。
思い切りアクセルを回したら 後方確認をしてから半クラ。
ぐーんとメーターが下がったら 半クラの位置は固定して
更にアクセルを回す!!回す!!回す!!!


というわけで無事発進。本当に流れがわかったら
普通にできるようになりましたねー(*´∀`*)ウフフ
うにさんに感謝ですね(*´∀`*)ウフフ


というわけで 交差点をそのまま青で通過したら停止。
このまま急制動に行けるかな?と思ったんですが
前の人がいて 急制動そのまま行けそうになかったので
一時停止線で止まったまま様子をみてました。


「方向指示器だしましょうか」


またやってるww2回目wwww


ということで「失礼しました(*ノωノ)」状態でウインカー。
ではそのまま行きましょうということで 発進開始ですぐ2速
その後 ぐーっと加速してそのまま3速へ!
ちゃんと40キロのライトがピカっとしたのが確認できたので
アクセルを戻す側溝のところでアクセルを戻す!
パイロンを過ぎてからブレーキ!!
よしよし 停まれた。…けど、正面のスピード計測表記は38キロ。
…どうだろう?だ、大丈夫でしょうか?と恐る恐る検定員の顔を伺うと。


「はい、では1番に停止して終わりましょう」
「はいっ 1番かしこまりました。」


急制動大丈夫だったー!!
本当だー。白ランプついてたら本当に大丈夫なんだー。
ギリギリOKでるって前日の教官殿に言われたけどマジだったー(*´∀`*)
教官殿教えてくれてありがとう!!


では 最終の発着点に向かいます。左ウインカーを出して1番で停止。
ここからが大事だぜ!!とばかりに まずはお尻を右へ移動してニュートラルへ。
(一瞬間違えてエンジン切りそうになった…手が出てた(笑))
お尻を左にして 足を左でついて… キーをOFFにしてエンジン停止。
ハンドルを右に切ってタンクを突き出させたら 後方確認してゆっくりと降車。
ハンドルを一度正面に戻したら、
スタンドをしっかり立てて スタンドに車体を預けさせます。
その後、ハンドルを左に切って、ちゃんとバイクが自立しているか確認。
大丈夫そうなので、検定員の方を見てみたら。


「はい お疲れ様でした。では装備を外して部屋に戻ってくださいね」
「はいっ ありがとうございました!!」


ということで 終了いたしました。
大きなミスはなかったはず。ふーっと一息をつきながら部屋に戻りました。
検定の部屋にいたお兄さんたちが「お疲れ様でした」
軽く声をかけてくださいました(*´∀`*)


プロテクターを外して 所定位置にしまって
待つこと30分。(携帯ロッカーから出して持ってくればよかった…)
よく考えたら朝ごはん食べてなかったのでおなか鳴いてました。
いやー なんか恥ずかしかったなー(*ノωノ)


検定員の方が後ろの個室に一人ひとり呼んでいきます。
わたしは最後なので 最後までまたぼーっと待つ。
話を聞いていると受かった人と、落ちた人は露骨にしょんぼり。
ひとつ前のお兄さんは転倒してるので、仕方がないですね(´・ω・`)
他の人もタイヤロックはしてたりしたらしいんですが
一応合格してました。その前まで減点が少なかったみたいですね。


「Caymさーん。」
「はいっ!!!失礼します!」
「じゃ 結果ですが 合格ということで」
「はーっ よかったー!!ヾ(*´∀`*)ノ" 」
「ただ問題が。2回注意したの覚えてる?」
「はい ウインカーですよね…」
「あれね、公道じゃ絶対やっちゃダメだよね。」
「はい…仰る通りです。」
「それ以外は特に気になるところはなかったかな。」
「ありがとうございました!」



え おわり??
なんか小回りがどうとか、2速で発進したのとか指摘ないの(;・∀・)?
と思ったんですが、なかったみたいです(笑)


というわけで 
セカンドアタックで合格しました!!
検定いってくるーのコメントに応援下さった皆さん
ありがとうございました!!!!







君も ありがとうね。
すっごくすっごく、楽しかった!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。