1段階 シュミレーター教習 5時間目(超過2時間)

【6/18 (木)】
項目(13)

★・・・・・・★・・・・・・★

(13)車の傾き具合等二輪の車両特性を意識し、

  注意深く路面の状態をつかむことができる。
★・・・・・・★・・・・・・★
さてさて。では木曜日の成果に続きたいと思います。
まずこの日は雨でした。しかも結構な豪雨でして…頭が痛いですね。


これから梅雨ですし、いつ雨が降ってもおかしくないので雨の中の教習もやっておこうと思ったのでキャンセルはしませんでした。…というか、わたしはきっと時間がいくらあっても足りないですからね…。
まず、前回は技術①をやっと抜けだしましたので、次はシュミレーターです。やっと前進。


木曜日は学科教習もあるので、シュミレーター→学科→学科→1時間休憩→実技 という予約を取りました。
実は実技に至っては 夜の8時に開始という時間をとってみていました。
なぜなら、仕事上がりのこの1時間だけなら普段も取れそうだからです。
8時ごろのコースはどれくらい暗いのか…。というのを体験してみたかったんですね。


シュミレーターですが、初めての教官殿でして、結構クセが強い方でした。
分からない事もバンバン質問してくる。怖い。
さて。シュミレーターですが、じっと待合室で待っておりましたら「シュミレーター室、電気付けたので予定を入れている3名は好きな時に移動して下さい」との事で、さっさと一人で行きました。
シュミレーター室にはHONDAと書いたバイクのレプリカみたいなのが置いてありまして。
普通のバイクそっくりだ なんて思いながらじっと見ていました。


…やっぱり、MTなんだよね…Orz
まだあやふやな操作しか出来ませんから、不安で仕方ないです。
しかも知らない人に運転を見られるとは…。
なんと恐ろしい教習なのでしょう。シュミレーターめ!!


暫くすると他の2名がいらして、教官もいらっしゃいました。
背が小さいので 画面が見やすい席を確保。うむ。横からバッチリ画面が見えます。
では まずは運転してもらいましょうか の言葉から始まり、
「ジャンケンで勝った人から順番を決められる権」になりました。
というわけで 勝負に弱いCaymさん。最初はグーで 珍しく勝ちました。


「2番目で!!」


そんな訳で、最初は進んで止まるを2回繰り返したら交代。
辛うじてと、止まれた??みたいな感じでした。
「電源スイッチ入れてエンジン始動してー。」
「…スイッチ?どこ??」になってました。単車の所に無かったからわかりませんでしたよ…。


しかし、シュミレーターといったらもっとゲームセンターにあるようなジャギジャギなやつかと思ったんですが、時代は進化しておりますね…とっても綺麗な画像でいらっしゃいました。
ゲームセンターの画質だって、プロジェクターも液晶も進化してとても綺麗になりましたが、シュミレーターの解像度はどうなってるんだと思いました。なんて便利。


二回目のシュミレーター乗車は危険回避。
そのカーブをフルスロットルで!!と教官に言われて他のお兄さん達がトラックに突っ込んでました。そりゃそうだ。
私の時は何故か ゆるゆる走行してーと言われて ゆるゆる動き始めたら速攻でトラックが!!!


「おわわわわわわ」と、反対車線にゆるゆる移動。するとそこにも停止したトラックが!!
トラックが2台止まってるってどういうことなの!もう事故ったの!?事故後なの!?
とりあえずそのままゆるゆる スキマを抜けます(笑)
一人で「ない! これはないわー」と独り言を言いながらトラックの空き間を抜けたら 後ろで観ていたお兄さん 笑ってました…(笑)
でも、事故はしませんでした。一応。…そりゃそうだ…


最後のお兄さんはフルスロットル。でも反対車線からトラックは来ない。
トンネルを抜けて「まぶしいなー」と思っていたら!!
何故かお兄さんはフラフラーっと右へ…対向車と衝突!!


「今のはどうして!?」
「もしかして、風ですか?」
「はい、Caymさん正解」


そう。確か橋の上はよく風であおられるって聞いていたのですが
舵が取られる程だとは!!…そりゃそうだ。フルスロットルだもん。


ということで まぁ節度を保って運転をしましょうね、という流れでした。
とりあえず、シュミレーション講習はこれで終了。次は8時からの実技です!


しかし、真ん中にいたお兄さんはまったく喋らなかったなぁ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。